読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェス世界タイトルマッチ

ケムクジャラ―猫バスにちゃおちゅーるをあげようあげよう思ってからぜんぜんあげてない現状。そりゃ七国山には連れってってくれないわけやな。

 

 

 

 

 

先日、いや先日と言っても2017/04/15のお話ではあるが[チェス世界№1決定戦2017]が水面下で開催された。決勝戦まで駒を進め立ちはだかった対戦相手はなんとあの[ゴッド]だった。数々の激戦を乗り越えてお互い奇跡的にも決勝戦というステージまでのぼりつめた訳だ。しかしながらお互いにチェスというものに関してはあまり強いわけではない。ではどうしてお互いにこの決勝戦というステージに立つことができたのか。。。強いて言えば本来行われるはずのすべての対局を長~~いシードですっ飛ばし最終的に決勝戦でつながるという、眠りの小五郎も飛び起きるようなトリックを使用したからである。参加人数が2人ってところがミソ中のミソ。

 

 

 

 

 

 

お互いアプリで覚えたてほやほやのチェスの知識を駆使して初めての対局。(そもそもチェスの試合って対戦っていうのかな?対局かな?)初めての対戦でかかった時間が45分くらい。基準はわかんないけど我々としては長丁場だった感じがした。将棋と似てるようでやっぱり違うのよね。チェスファンに聞かれたらプンプン丸になるだろうけど、なんといっても駒の名前がかっちょいい。ポーン・ルーク・ビショップ・ナイト以下略。そりゃロン・ウィーズリーも張り切ってチェックメイトしちゃう訳だよ。

 

 

 

 

 

 

ビショップって名前もイケてるけど、どうしてもエイリアンに出てくるあの安堂ロイドを思い出してしまいます。グロ耐性はある方だけどちょっとトラウマめいたものがあるよね。

 

 

 

 

 

 

なんやかんやでチェスだけにとどまらず、勢いでリバーシ世界タイトルマッチも開催。リバーシを得意とするゴッドとの対戦でジャイアントキリングを起こし先制するも、こてんぱんにやられるオチ。盤面を黒一色に染め上げ、盤面テラフォーミング計画はあえなく失敗に終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身ボードゲームはあまり得意ではない。というか完全に食わず嫌い。今回実食しようと思ったのは、やはりゴッドが多趣味ってのとそれよりも自分を楽しませてくれようとするゴッドの粋な計らいが大きい影響なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激動の2016年、はたまた絶望の2016年を過ごした自分をここまで思ってくれる人がいるのは本当に幸せな事だし、感謝しなきゃいけないと思う。家族・親友・戦友・西友は大事にしていかなくちゃね。プライスロック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年の出来事はそのうち映画化します。これまた全米が震撼するな・・

 

 

 

 f:id:shinhima0830:20170416234811j:plain

 

 

この人生の登場人物

これからのエピソード、雑記に間違いなく登場するであろう自分の中で大切に思う人たち、そんでもって心の支えになってくれたりとこの全米が震撼するような壮大かつ大胆かつちっぽけな物語に喜怒哀楽、そしてパンチの効いたスパイスを注いでくれた親愛なる隣人たち…。

 

 

 

フィクションとノンフィクション時々おとんをテーマにしてるから実在するかしないかってのは多くは語らず。

 

 

 

目次機能を使いこなしていきたいもんだけどまだまだスカウターを破壊できるほど戦闘力がないもんで…

 

 

 

目次

こまき

この雑記のメインのようで、某奇妙な物語のタモさん的ポジションを守備。2016年度、自らの行いの積み重ねにより暗黒面に半分浸かる。結果20Kg以上の病みダイエットに成功。視力2.0という驚異のサンコンアイを所持していたがスマホ普及と不摂生によりオデッセイ。玉蹴り。否、球蹴り好き。好きな映画はゾンビもの。好きな海外ドラマはゾンビもの。好きなゲームはゾンビもの。邦画はあまり得意ではない。好きな音楽は広く浅く。趣味模索中。ゴキブリNG。テラフォーミング計画反対過激派。猫アレルギー

 

 

 

 

 

猫バス

こいつは間違いなく実在する登場キャラ。全身毛むくじゃらでかなりの臆病そしてよき相棒。メインクーンの血統書付きだが、明らかにチンチラという体の張りっぷり。よくおしりにウンチを引っ付ける。数年前にノミを招いていたが招き猫ではない。かなりの寂しがり屋。使用言語は<うるっ、うるっ>。寝言多い。夏はバリッとサマーカット。ちゃおちゅーるが大好物。七国山病院には連れてってくれないメイちゃんも仰天アニマル。

 

 

 

 

 

読んで字の如く。この物語が存在するのは間違いなくこのお方の偉業。何に関しても尊敬できる存在。お下劣、下品の資質と覇王色の覇気を兼ね備えたキャリアウーマン。合気道の達人。火垂るの墓を観ても涙を流すことがない心に鉄塊をかけられる唯一の逸材。討伐の狙い目は花粉飛び交う時期。スーパーポジティブシンキング。35億

 

 

 

 

 

自転車を乗りこなし相撲ライダーの異名を持つ田舎のパチプロ。その真の姿は路線バスを運行するジェイソン・ステイサム。髪の毛はごっそり健在。好きなゲームはまさかのGTA。最近ようやくスマホを購入し韓国ドラマにどっぷり心酔中。なりたい苗字は[ぺ]。歯並びが絶望的

 

 

 

 

 

 

 

 

以下随時更新予定…

むかしむかし遠い未来に5分前

高校生の頃、

まさに旬だった前略プロフィールっていうのかな?あとはブログ的なもの?

当時の戦友。自分を含め計3名で運営してました。

当時もね、雑記というジャンルがあるのかは定かではないけど、

日記ではなく日々の感じた事とか自分の頭の中のまるでピーターパンシンドローム

のような世界観をひたすら綴ってました。ひとつの記事を作成するのにスーパー時間がかかるんだなこれが…。

 

今回また始めようと思ったのは、まず第一に自分が崇拝する[ゴッド]の存在が大きいのは否めない。※宗教とかそういうものではありまぬ

あとは心の言い表しようのないもやもやを晴らしたいとか、タイピングの練習etc...

なんとなくだけど過去の習慣をまた始めてみようと思ったわけです。

このゴッドについては追々作成予定の登場人物紹介で説明予定。

 

 

基本的にこのブログはX-MENフューチャー&パストのように過去と未来(現在)を行ったり来たりするような内容になる予感しかしない。

それでも、自分を見つめなおすと言えば大袈裟ではあるけど少しでも面白おかしく振り返っていければ儲けもんだと思う。

 

 

便秘と同じような具合で毎日の更新はおそらくしないと思われ。

腹痛と同じように初期微動から突然の主要動に襲われる勢いで書いていこうと思う。